IT×LIFE

web系お勉強ノート+映画読書記録+お勉強記録(放送大学)+ITコミュニティ管理(リンクへ!)

ヨガと瞑想の凄さ【ヨガ編】

コロナ禍のここ1年とちょっと、通っていたヨガスタジオに行かなくなったりして、
あんなに勉強していたヨガ自体からも遠ざかっていた。
でも、最近はオンラインでもちゃんとヨガができる。
久しぶりに、先生の声がけがあるヨガをしてみた。
そこで色々思い出した事を書いていく。

1.なぜヨガに出会ったのか
2.自分に厳しかった減量期
3.転機、怪我
4.ヨガと瞑想を勉強する

1.なぜヨガに出会ったのか

2年前の5月。
「太ったやばい」
それもそのはず、ラーメンとか食べまくり、甘いコーヒーを好んで飲みまくってたり、
お酒と油っぽいもの食べたり、 あんまり良くない食生活を送っていた上に、運動してなかった。
そもそも、私の人生の中で「定期的に運動する」という事は今までなかった。
「あまり激しくなく、それでいてちゃんと健康的に痩せれるかもしれない」何かを探していた。
見つけたのは、ホットヨガ
体験で凄く汗かいたし、先生も可愛いし、終わった後のスッキリ感が良かった。。。。
これはイケるぞと思い。即入会した。
会員カードの裏に「目指せマイナス○k!!」って先生に書いてもらった。
絶対に達成させると、本気でダイエットすると決めた。
でもこの時の決心が、体だけではなく、私のこれからのマインド自体を変えるような決心になったのだった。

2.自分に厳しかった減量期

約3ヶ月、完全な糖質制限とプロテイン。
自主的にライ○ップのような生活を送っていた。
そして、朝又は夜にホットヨガを毎日するというストイックな生活を送っていた。
この時、ヨガ自体の素晴らしさの事なんて皆無で、「筋肉」の事しか考えてなかったと思う。
そんな生活していたので、目標マイナス○k!!なんてすぐ達成できていたし、目標以上に痩せていった。
「もう充分だわ。やりきったからもういいか。」と、リバウンドしない食生活だけだけにして、ヨガは辞めようと思ってた最後の月、 ヨガ的に転機が起きた。

3.転機、怪我

いつもはレギュラークラスしか受けず、とにかく汗かければ良いと考えていたので、
それほど強度が高いクラスは受けていなかった。
でも、ホットヨガ最後の月だし、ワークショップを受ける事にした。
奇遇(?)な事に、そのクラスを担当する先生自体も、今月でこのヨガの会社を卒業して世界に羽ばたくという事で、期待が高まった。
ワークショップの内容は、ヨガの王道のポーズである「太陽礼拝」をがっつりやるクラスだった。
やり慣れていたし、大丈夫なはず。。。と意気込んで参加。

会場満席。
凄く可愛くて、でも落ち着いている若い先生が登場。

お話の中で印象に残った事を思い出すと、
「日常生活中で、ただ歩くだけでも集中していなければ、足の指をドアにぶつけたりして、怪我をします。
いきなり自分の人生や心をコントロールする事は難しいかもしれない。
でも、今している体の動きはコントロールできます。
自分の体の動作に責任を持ちなさい。
手、足の先端までの動作全てに責任を持つことができれば、心も人生も変わります。」
というお話だった。

立っているポーズの時も、意識の仕方の説明が今までの先生とは全く違かった。
(基本的にレギュラークラスは言う事が台本で決まっている)
そしてひたすら太陽礼拝を、各々のペースで繰り返す。
プランク(腕立ての状態)からの逆プッシュアップ(下にゆっくり体を落とさず沈む)のが前から苦手だった。
あんまり今まで気にせずしていたけど、今回はかなり逆プッシュアップを繰り返していた事もあり、途中から手首に違和感を感じた。

クラスが終わっても暫く痛くて、そのクラスを担当していた先生に聞いてみた。
この時、初めてクラスの終わりに先生に話かけるって言うことをした。
どうやら逆プッシュアップする時は、腕に力を入れるのではなく、腹筋に意識を持っていかないといけないと言う事だった。
多分今まで勢いに任せていた動作は、汗をかいていたのは暑さのせいであって、もしかして全く筋肉使ってなかったのかも知れない。

その先生は私に、
「自分の体の動き全部に責任を持ちなさい。無意識でいると、怪我するよ。」
と仰った。

その瞬間、
ヨガには、自分の全てをコントロールする何かがある。それを知りたい。
と思った。

その後、やっぱり手首を痛めしまったようで、しばらくヨガができなくなった。
無意識の怖さを知り、正しいヨガの意識の仕方を勉強しようと決めた。
ホットヨガではなく、常温のヨガで本質から学ぶべきなんじゃないかと本気で思った。

4.ヨガと瞑想を勉強する

そこから、半年、某大手ヨガスタジオにて、
半年本気でヨガと瞑想にどっぷり浸かってみた。
ヨガスタジオなので、ヨガのポーズを学ぶけれど、先生が瞑想を極めている先生だった。
そのお陰で、私はヨガよりは、瞑想自体に深く入り込む事ができた。
ほとんどの他の生徒の皆さんは「寝落ちしちゃうよね」と言う瞑想を練習する時間は、
私にとっては至福の時間になっていた。
ヨガをするという事は、瞑想を捗らす為の前段階だと言う事をここで学んだ。
瞑想の凄さについての記録も、この後書こうと思ってる。

久しぶりにヨガを始めた頃の気持ちを思い出せて良かった。